カテゴリー
FANZAのエロ動画レビュー

【澤村レイコ(高坂保奈美、高坂ますみ)】すごく良かった。 – 今夜、僕は童貞を捨てられるかもしれない―。 澤村レイコ

今夜、僕は童貞を捨てられるかもしれない―。 澤村レイコ

行き付けの喫茶店にある時から見るようになった女性。

いつも本を読んでいる知的なその人は、まさに「大人」の女性という感じで、僕は密かに憧れを抱きながらも、その雰囲気になかなか近寄れずにいた。

しかしある日、僕が読んでいた本に彼女が気付き少し距離が近くなる…。

彼女の名前はレイコさん、共通の趣味が高じてその日から顔を合わせる度に、世間話をする関係になった。

そして今度二人で一緒に買い物に行く話になって…。

「今夜、僕は童貞を捨てられるかもしれない―。 澤村レイコ」の本編動画はこちらから

女優名: 澤村レイコ(高坂保奈美、高坂ますみ)

誰しもが通る道を思い起こす秀作

童貞を捨てる、誰しもが通る道。

そこに美しい年上の女性が現れ、四季を通じ憧れが現実の関係となる。

憧れの女性のリードで青年は、男となるプロセスを優しくも艶やかに演じる澤村レイコさんの演技力に引き込まれていく。

新鮮な感覚がのこる秀作。

確かに力作ではあるとも思うが・・・

AV作品に於いては中々手間を掛けた内容であると言える。

しかしながら構成はかなり単調である。

冒頭の季節が変わる喫茶店シーンに関して言えば四季の変化と共に一年の経過を表したかったのかな?しかしながら特に一年経った様には見えなかったし内容的に一年掛けての関係性が喫茶店で会うだけの関係でそれ以上の進展は無い訳で、ここにそこまでの時間を掛ける必要はなかったのではないかと思える。

要はこの前半の退屈な場面<失礼。

しかしながらレイコ嬢の美しい衣装の変化は堪能できる>を短くしてもう一つくらいなにかしらの濡れ場的なものがあっても良かったのではないかと思う。

例えば喫茶店内での他の客に隠れてのお触り等々・・・そうすればホテル前の前半部分も退屈無く、後半への期待も膨らんだというものだ。

構成故に澤村嬢の良さも充分に表現しきれていなかった。

以上を踏まえストーリー☆女優☆☆といったところが妥当ではなかろうか。

すごく良かった。

作風が新鮮だった。

こういうのは需要があると思うので、また作ってほしい。

女優さんの演技力は問われるかも。

もちろん演出・構成力も。

澤村レイコは昔から知ってるけど、今回見て、芝居上手いなと思った。

最近のAVは、時々ヌーヴェル・バーグみたいな作品が作られてるように感じる。

ただ、ドラマに寄りすぎると興奮しないし、Hばかり見せられても萎えるし、難しいと思うけど頑張ってほしい。

「今夜、僕は童貞を捨てられるかもしれない―。 澤村レイコ」の本編動画はこちらから