カテゴリー
DUGAのエロ動画レビュー

【管野しずか】ひと言で言って – 狂い哭く武装女兵士 淫フェルノ-X EPISODE-01

狂い哭く武装女兵士 淫フェルノ-X EPISODE-01

時は西暦2XXX年、近未来での物語。

これは人類の戦争行為によって、荒れ果ててしまったある星での物語である。

有害物質や毒性の強い植物や微生物が溢れている地上にて、その身体を完全武装しながら命をかけて重要な物資などを運ぶ役割を担っている共和政府組織SG(セーフティ・ガーディアン)。

そのSGの中でも特に有能な女性集団、アーマードエンジェルと呼ばれる部隊がいた。

※画像・音声に多少の乱れがあります

「狂い哭く武装女兵士 淫フェルノ-X EPISODE-01」の本編動画はこちらから

女優名: 管野しずか

コスプレものですがハードです

この女優さんは初めてみたのですが、綺麗な方なのに、とてもハードなプレイをこなしておりました。

前半は、着衣状態での凌辱シーンがメインで、ホットパンツを履いた状態での電マ攻撃がなかなか魅力的でした。

後半は、着衣ではなくなりますが、前後穴に対して、強力なドリルマシンにより攻撃が激しかったです。

なかなかに良作でした。

拘束陵辱ではトップクラスのエロさ

こんなところに、こんなにもエロい作品があったとは、買って大正解。

拘束陵辱ものでは、トップクラス入り。

最初は戦隊ヒロインのように始まるも、すぐに捕まり拘束陵辱三昧。

マニアに嬉しい円形拘束台に大の字拘束され、開脚拘束されたホットパンツの隙間から覗く陰部がエロい。

ホットパンツ開脚フェチにも嬉しい。

その後前屈み拘束で尻いじりや、M字開脚拘束椅子でいじられてイキまくりで潮吹きまくり。

平台での大の字拘束ではテカテカにオイルで光ったからだを乳首つまみや陰部を指でいじられながら二穴同時バイブピストン運動など、フルコースでもだえ苦しみ、絶叫で失神寸前。

カメラアングルも良く、久しぶりにてんこ盛りの激エロ拘束陵辱作品に出会った。

ひと言で言って

ベイビーentertainmentらしい作品です。

手慣れた快感責めをハズレなしの管野しずかを素材に安定の展開です。

そこに「戦隊ヒロインもの」ふうの味付けが施されていますが、さほどの目新しさはありません。

快感責め作品として水準はクリアしていますが、マンネリ傾向であるのも事実です。

「狂い哭く武装女兵士 淫フェルノ-X EPISODE-01」の本編動画はこちらから