カテゴリー
FANZAのエロ動画レビュー

【桐原あずさ(伊藤あずさ)】脚本は素晴らしい – 近親○姦 VOL.28

近親○姦 VOL.28

尿管結石で入院した父親とそこで出会った看護師である義母。

この二人のコアな性生活の犠牲?になっていく息子。

この義母は看護師として優しくそして、前代未聞のエロ婦人だった。

とにかく生やさしいSEXに飽きた人に見てほしい、洪水のように唾液を垂らしてチンコを喰うようなフェラを、男を●すような激しすぎる騎乗位を。

シリーズ最強のエロ母に喰われる父子を!

【※画像・音声に多少の乱れがあります】

「近親○姦 VOL.28」の本編動画はこちらから

女優名: 桐原あずさ(伊藤あずさ)

フェラ気持ち良さそう~。

こんな綺麗でテクニック抜群のエロい女性が奥さんだったら、旦那も息子もたまらないでしょうね。

旦那の早漏を治すのが目的のセックスだそうですが、唾液ジュクジュクのフェラやあんな激しく腰を振る騎上位などされたら、早漏でなくても直ぐイっちゃいますよ。

最期の息子とのHで、体位を変える度にフェラや唾を垂らしての手コキがすごく厭らしくて良かったです。

確かに絡みは激しいが・・・

最近このシリーズに登場する母親は、痴女設定が多いですね。

この作品も、サイトのレビューにあるように、男を●すように激しい絡みを展開します。

どの体位でも、男のものに食いつくような腰の振り方、確かに圧巻です。

ただ、近親相姦というのは添え物のような設定ですね。

近親相姦の背徳感とかを期待する方には、おすすめできません。

脚本は素晴らしい

入院先の若い看護士と結婚した父が早漏気味。

欲求不満の義母が治療と称し、息子をフェラ、手コキ。

父とのセックスで満足できずリビングで自慰。

それを覗いていた息子にクンニさせる。

その場面を見ていた父が息子に義母を感じさせてくれと頼み、息子から誘いセックスに至る。

父がセックスの後に現れ義母に「満足したか」と言うと、義母が「うん」と。

父がさらに「それは良かった」というと義母が「ありがとう、あなた」と答え、最後に息子と三人で川の字になり抱擁。

ナレーションの入れ方、語り方もうまく、これほど脚本をきちんと考えた作品は稀では。

母親が息子に迫ったのはクンニまでで、最後の1線は息子主導で越えている。

痴女と言うより欲求不満の若妻。

パケ写やHPの作品説明が全く違うのと、モザイクが大きく粗い点がマイナスポイントで良いの評価に。

「近親○姦 VOL.28」の本編動画はこちらから