カテゴリー
DUGAのエロ動画レビュー

【あずみ恋】女に子宮でものを考えさせる深い突きがいい – スーパー・パイパン・肉ダルマ 003番 あずみ恋

スーパー・パイパン・肉ダルマ 003番 あずみ恋

女にとって絶対に遭遇したくない悲劇。

なぜなら絶対に逃げられないから。

あのとてつもなく極悪な女体責め軍団が帰ってきた!!パイパン処理を施され、雁字搦めのダルマにされ、ただでさえ攻撃されやすい恥唇部をガッチリパックリ曝け出す。

泣こうが喚こうが気絶しようが…徹底した女体攻撃。

閉じたい避けたい秘密の扉が侵略されていく。

私、もうダメ…。

ダルマにされたらもう終わり…。

※画像・音声に多少の乱れがあります。

「スーパー・パイパン・肉ダルマ 003番 あずみ恋」の本編動画はこちらから

女優名: あずみ恋

あずみ恋の良さが出てた

あずみ恋は敏感で控えめな反応をする女優で、好きな女優の一人です。

この作品は彼女の良さが遺憾なく発揮されていたと思います。

先ず、とにかくなかなか脱がさない。

脱がさずに焦らし、焦らし、焦らしまくる。

そこにだんだんと追い詰められていくあずみ恋の表情や身のよじり方が、たまらなく良いです。

中盤は、いつものベイビーの「お約束」のドリル責めが展開されて、どの女優がやっても同じような場面がしばらく続きます。

が、その後です。

達磨縛りにされてセックスをするシーンなのですが、これまた焦らし、舐めを執拗に繰り返します。

ドリル責めでより一層敏感になった、あずみ恋の切なそうな反応を存分に引き出していました。

すばらしい作品です。

女に子宮でものを考えさせる深い突きがいい

ルックスは吉田羊(逝った時の横顔は特似)、スタイルは良さそう。

8分頃には着衣上からとはいえBABYには珍しい後手緊縛です。

うわべだけの振動には、喘ぎながらも理性を失わない気丈さを見せますが、35分頃には崩壊。

せっかくパイパンにしたのにパンツを履かせたのは流れ的に納得できず。

1時間14分頃から剥きに入ります。

乳はボディに較べればやや小ぶりですが、ここまでで一番の達磨姿です。

喘ぎは、高すぎず大きすぎず心地よいです。

回転卓磔は中華風達磨といったところか。

この後のゴム張形子宮突きは女は子宮でものを考えるの複線が生きてて良い。

後半39,54分頃も見事な達磨です。

特に54分頃の達磨での肉棒挿入はBABYでは希少価値です。

「スーパー・パイパン・肉ダルマ 003番 あずみ恋」の本編動画はこちらから